遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

期限に注意

女性と花

川越に住んでいる人の中には、葬儀に関する疑問を持つ人も少なくないでしょう。しかし葬儀だけではなく、亡くなった後に遺族が行う必要があるさまざまな手続きの問題についても、どのような手続きがあるのか知らない人も多いといいます。例えば、川越市内の自宅など、家族が病院以外で天命を全うすることがあります。そんなときは、まずは、川越の葬儀社にすぐに連絡する前に、かかりつけの病院の医者に連絡をしましょう。主治医が自宅に到着するまでは、ご遺体を動かすことは避けましょう。もしかかりつけの主治医がいない場合や急に亡くなった場合は、警察に連絡をしましょう。さらに死亡届などの公的な手続きも必要になります。死亡届は、川越でもその他の地域でも、葬儀社が代理で行うこともできます。葬儀を行う前や葬儀の直後には届ける必要があるので、注意をしましょう。さらに、死体を火埋葬する許可書も申請しなくてはいけません。他にも、亡くなったあと2週間以内に行う届けが各種あります。年金受給停止の手続きや、介護保険資格喪失届、住民票の抹殺などです。それ以外も、死亡から1ヶ月以内に行わなくてはいけない手続きがたくさんあります。また、相続税の申請は、10ヶ月以内、生命保険の請求は、死亡から2年以内となります。遺族は、葬儀が終わったあとも、さまざまな書類の手続きを行う必要があるため、確認してみましょう。葬儀に関する悩みやトラブルも多いですが、故人の名義変更や、各種届け出、手続き系にまつわる悩みや相談も増加しているのです。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る