遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

故人を思う

お葬式

人が亡くなるとお葬式をします。お葬式にも色々な種類があり、どういった葬式を開いて良いのか分からないという人も数多くいるでしょう。こういった人は、まず故人の意向を一番にしましょう。故人が生前に遺言として何か残しているかもしれません。小さく身内や親しい友人だけで葬式を開いてくれと遺言で言っているのならその方向で葬式も開いたら良いのではないでしょうか。また、こういった故人の希望が無い場合は、葬儀屋さんに相談してみても良いでしょう。葬儀を開くのにももちろんお金が掛かります。なので、あまりお金をかけずにひっそりと小さなお葬式にしたほうが良いのか、それとも盛大に大きなお葬式を開催した方が良いのか選択する必要があるでしょう。また亡くなったというお悔やみの報告も色々な人に知らせなければいけません。なので新聞のお悔やみ欄などに掲載を依頼する必要もあります。葬式を開く際は他にも参列者の人数をしっかり把握する必要もあるでしょう。身内や親しい友人だけのお葬式なら、葬儀屋さんと一緒に準備することが出来ますが、大きなお葬式を開くとなると親族一同のちからを借りる必要があります。こういった労力やお金も頭に入れてぴったしなお葬式を開きましょう。また生前にこういった旨をご家族に知らせておくというのも重要です。今は元気でも人はいつかは亡くなります。なので遺言として家族にこういった葬式や遺産の話などを伝えておく必要もあります。最近では故人の好きだった曲を会場で流すといった演出もあるようです。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る