遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

こまめにお参りに行く

花

お盆やお彼岸に、先祖代々の墓へお参りに行くという方が多いでしょう。現在住んでいる場所と離れている場合には、長期休みを利用してお参りに行く場合もあります。しかし、仕事が忙しい方ですと長期休みが取りにくかったり、距離が遠いほど交通費が嵩んでしまったりという問題があります。お墓のある場所に親族が誰もいないのであれば、思い切って自宅の近くにお墓の引っ越しをするというのもひとつの手段です。最近ではこまめにお参りをするためにも、ご先祖様に近くまで引っ越してきてもらうという選択をする方が多くなっているのです。そのため引っ越しの方法も確立されており、墓石や遺骨はもちろんのこと土まで一緒に移してくることが可能です。お墓の引っ越しをするにあたっては、石の取り扱いのプロである石材店に依頼するのがよいでしょう。お墓の引っ越しを請け負っている石材店はいくつかありますので、まずは問い合わせをしてみることをおすすめします。また、各自でやらなければならない手続きもいくつかあるのですが、その流れについても事前に確認しておくとよいです。役所での書類による手続きのほかに、宗教によって異なりますが法要が必要となります。遺骨を取り出す際と納骨する際の両方で必要になりますので、そのためのスケジュールを調整することも重要でしょう。仏式であれば取り出す際に閉眼式や魂抜き、納骨の際に開眼供養といった法要を行なうのが一般的です。きちんと流れに沿って行えば、ご先祖様にとっても満足のいく引っ越しとなるでしょう。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る