遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

火葬場も併設

椅子

葬儀を執り行うためには、まず斎場を決めなければなりません。斎場とは葬儀を執り行う場所であり、お通夜や告別式もここで行ないます。単純に斎場という場合には火葬場は別に探さなければならないことが多いので、事前に設備について確認しておくことをおすすめします。最近では火葬場が併設された斎場も多いので、一か所ですべて行いたいという場合には火葬場が併設された斎場を選ぶとよいでしょう。一か所ですべて行えることによって霊柩車やマイクロバスの手配が必要なくなりますので、葬儀に掛かる費用を抑えることが可能になります。品川区で火葬までを一か所で行なえる総合斎場はいくつかありますが、その中でも桐ケ谷斎場は人気が高いです。火葬のみを行なう火葬式から一般的なお葬式まで、幅広いプランが可能であることが多くの方から選ばれる理由のひとつでしょう。また、どのような宗教形式でも葬儀を執り行うことができるのもよい点であると言えます。日本では最も多い仏式はもちろん、キリスト教式や無宗教葬なども可能なので故人や遺族の希望に合わせて式を執り行うことができるのです。桐ケ谷斎場を利用する際に注意しなければならない点としては、先に葬儀社を決める必要があるという点が挙げられます。通常、桐ケ谷斎場の予約をするためには、葬儀社からの連絡が必要なのです。直接桐ケ谷斎場に電話をしても、予約をすることはできませんので気を付ける必要があります。しかし、桐ケ谷斎場の利用は申し込み順の受付となりますので、どうしても利用したいという場合には早めに葬儀社を決めることをおすすめします。葬儀社の比較サイトは多くありますので、このようなサイトの情報を参考にすることで時間の短縮に繋がるでしょう。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る