遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

自由なデザインも可能

お墓

親族が亡くなった場合、遺骨をお墓に納骨するという方が日本ではほとんどです。お墓を新しく建てる場合には、まず石材店を選ぶ必要があります。元となる石を選び、デザインを決めてから職人さんに作成してもらうという流れが多いでしょう。墓石の元となる石についてはどれも同じように思われるかもしれませんが、同じグレーでも白系や青系など様々な色味があります。模様もよく見るとひとつひとつ異なるため、実際に自分の目で見て気に入ったものを選ぶことをおすすめします。また、石によって硬度やキメが異なるのですが、硬度やキメが細かい石ほど価格が高くなります。良質な墓石にしたいと考えるのであれば、硬度やキメの細かさに注目して石を選ぶとよいでしょう。また、石にもブランドがあり、国産の庵治石や内垣石は特に有名なため価格が高いことが多いです。また、墓石のデザインによっても価格は変わります。最近では、故人の好きだったものをモチーフとするなど、自由度の高いデザイン型墓石も人気となっています。デザイン型の場合は、依頼するデザインによって平均よりも高価になることがあるでしょう。建てたいお墓のイメージが固まっているという方は、墓石の価格がどれくらいになるか見積もりを出すことができるサイトを利用して、どれくらいの価格になるかをシミュレーションすることが可能です。使用したい石とデザインなどを指定することで、複数の石材店からの見積もりを手に入れることができるのです。無料で利用できるところがほとんどですし、石材店を決める際の参考にもなりますので活用してみるとよいでしょう。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る