遺品整理で新しいスタートを|悲しみを乗り越え思い出残す

死者を弔う

お墓

人が亡くなって弔うという文化は世界中にあります。多くの国で魂の存在が信じられ、その魂が還る場所を作る必要があると信じられています。その中でお墓を作るという方法があります。こちらも様々な国で同じようにお墓の文化があります。西洋圏では十字架を埋葬した棺の上に刺します。また日本国内にも色々なお墓の形があります。日本では火葬が主流です。火葬して残った骨を骨壷に入れお墓に入れます。お墓の中には、今までの先祖の骨も納骨されていて死んでからも家族は一つという考えがあるからと言われています。また古くなった墓石は建てなおす必要があります。墓石も何年も雨風にさらされると劣化します。そのような墓石の元で眠る故人も可哀想です。そのため墓石が劣化している場合は石材屋さんなどに依頼して新しい墓石を作りましょう。墓石の素材にも色々な種類があります。それぞれによってその特徴も変化してきます。墓石に選ぶ石は出来るだけ水分を吸収しにくい石を選択するようにしましょう。水分を含みやすい石にしてしまうと、雨風にさらされた時に劣化の原因になってしまいます。なので水を弾きやすい墓石を選ぶ必要があります。他にも、見た目も重要になってきます。立派な御影石でできたお墓は先祖への尊敬と弔いの気持ちが十分こもっています。こういった墓石の選別が終了したら次にデザインです。もうすでにデザインされたお墓もありますが、自身でデザインすることも出来ます。こうやって作られたお墓で先祖や故人を大切に思い続けることが重要です。

PICK UP

お墓

死者を弔う

人が亡くなるとお墓に入ります。それは古くから魂の存在が信じられていて、死者を弔う気持ちがあるからです。こういったお墓の文化は世界中にあります。日本では墓石でお墓を作ります。

詳しく見る

お葬式

故人を思う

人が亡くなるとお葬式を開きますがそのお葬式には色々な種類があります。故人の希望に従っても良いでしょう。例えば身内や親族だけでひっそりと行ないたいという人もいるでしょう。

詳しく見る

男女

故人との思い出

大切な家族が天国に旅立った時にはいつまでも悲しみに浸っていてはいけません。故人もそれを望んではいないでしょう。新しいスタートを切るためにも、遺品整理をしましょう。大阪には遺品鑑定士が数多くいます。

詳しく見る

お墓

自由なデザインも可能

墓石は石の種類とデザインによって、大きく価格が変わります。硬度が強くキメの細かい石ほど高値になりますし、凝ったデザインにすることでも価格は上がるのです。そのため、事前に見積もりを出しておくこともおすすめです。

詳しく見る